堰まで足を延ばしましたが!

増水で堰を開けていました。
画像
画像

中州はご覧のとおり、やっとイソシギを見つけました。
画像
画像

堰の上も閑散としていました。
画像

鳥見もイマイチ、台風や雨が続き、うんざりの日々ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

リトルターン
2016年09月23日 20:54
イソシギの白い翼帯がクッキリと見えますね。中下流域調査では、イソシギ13羽・オナガガモ7羽・ムクドリ1,254羽(650羽の群れほか)が観察できました。
2016年09月23日 23:00
まだ、増水してるんですね。
お尻フリフリ、イソシギは、見つけると、つい撮ってしまいます。
2016年09月24日 07:53
<リトルターン>さんへ
上流部はシギチ類たったに1種、さびしい限りです。オナガガモがもう入って来たのですね。これからカモ類の登場楽しみになります。
2016年09月24日 08:02
さんへ
堰の下流部は、土丹層部分が砂利に埋もれ、シギチ類は全くいませんでした。居たのはイソシギだけで、さびしい限りです。

この記事へのトラックバック