堰のコアジサシ その3

2日前に覗いてみましたら、イカルチドリとの共存。
数か所抱卵姿勢もありました。
画像

幼鳥が川辺近くに2羽、いや3羽が、
画像
画像

親にまねて水浴びもします。
画像

もう立派に飛べます。
画像
画像
画像

画像

右端にも2羽の幼鳥がいます。
画像

そしてやや下流に6羽がいました。
画像

ここでは川辺沿いに20羽近く、砂利中央部分と草陰脇には10羽以上がいます。   ・・・続く・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年06月30日 07:44
ファインダーで見た限り、何処に居るのか、判らなくっても、親を撮ってると、写ってる事が、多々ありましたよ(笑)
2013年06月30日 11:05
<POPO>さんへ
石ころと同じですので、全くそうですね。最後の写真はワンカットで幼鳥6羽が写っています。
2013年07月01日 22:28
みんな無事に育っているのですね。
私は石ころと同じなので、親鳥を追っかけて雛ちゃんを探しちゃいます。
2013年07月02日 06:12
<ぶんぶん丸>さんへ
今季は無事に育っていて、草むらや対岸までは見られませんが、結構な数の様ですね。ジーと探していると目が痛くなるので、私も親の動きで確認しています。

この記事へのトラックバック